NEWS

飛騨産コシヒカリの紹介

4年連続 飛騨こしひかり 特A獲得

日本アルプスの山々からの雪解け水が飛騨の山間から流れ、
山々の豊かな土を一緒に運び飛騨の大地に肥沃な土壌をもたらしています。
また、気候は昼夜の寒暖の差が大きいことが特徴です。
その豊かな環境と気候のもと、
朝露のついた稲穂が朝日に照らされることによって、
一粒一粒の実がしっかりと締まり、甘みの深いこしひかりになります。
『飛騨こしひかり』ぜひご賞味ください!

平成26~29年度、日本穀物検定協会による米の食味ランキングで最高位の
特Aを取得するなど、飛騨のブランド米として高く評価されています。

出典:https://www.ja-town.com/shop/g/g42020989411052/

澄んだ空気と昼夜の温度差がおいしさの秘密です。

日本の縮図ともいえる変化に富んだ自然条件を持つ、岐阜県。「飛騨コシヒカリ」は、岐阜県の北部、飛騨地方で生産されます。標高3,000メートルを超える日本アルプスが連なる山の国・飛騨は、澄みきった空気と湧き出る清流、そして昼夜の温度差など、食味のよいお米をつくるのに、最適な自然環境を有する地域です。特色が多い自然の恵みが、炊きあがりがふっくらやわらかい、「飛騨コシヒカリ」のおいしさを生み出しています。
出典:http://www.gf.zennoh.or.jp/gifu-kome/intro/brand.html

飛騨は北アルプスの源流域。
昼夜の寒暖差が激しい高齢地で作られたこしひかりはお米本来の美味しさが
ギュッと詰まったふっくらモチモチの炊きあがり。

雄大な自然環境がか育むお米本来の美味しさ
岐阜県飛騨地方は標高600mの高齢地。
高齢地の気候は、昼夜の寒暖差が激しい栽培環境にあります。
厳しい環境ではありますが、大自然に育まれたこの地では北アルプスの
雪解け水を水源として、美味しい作物が収穫できます。
寒さを感じる季節に入ると、お米、トマト、ほうれん草などすべての作物が自然の威力に
対応しエネルギーを凝縮。
作物本来の美味しさを引き出すのです。

飛騨産コシヒカリの洗練させた味わい
流通量が少なくほとんどが地元で消費されてします飛騨産こしひかり」。
山間高冷地で清らかな水、米作りの条件を備え、優れた味覚を自慢できる
洗練されたお米です。
ふっくらとした炊きあがりで、一粒一粒の粘りが強く歯ごたえのある味わいが
特徴です。

飛騨の自然、農家さんの愛情が育む飛騨の高品質なこしひかり。
日本の中心に位置し、北アルプスや白山山系に囲まれた飛騨地方は水も緑も豊かな山国。
ホウレンソウやトマト、リンゴや桃などの多くの野菜・果物に続き、飛騨で育つ自慢の農産品が“飛騨産こしひかり”です。 標高500~600mの高地にあり、昼夜の寒暖差の激しい飛騨の風土。
そして、山や緑に囲まれ流れる清冽な水。これらの恵みと農家さんの手間暇かけた愛情を注ぎ込んだ丁寧な米作り。
これらにより、数ある米どころに負けない高品質な米を育てており、今や米通にも一目置かれる存在になっております。
適度な弾力に、優しい甘さ。毎日食べるものだからこそ、美味しいお米を味わいませんか?

出典:http://www.jizake-japan.com/item/j1099jsy-hkh-10k/